プロフ その5(1990~現在)完結編

1990年代、ケリースレーター等の影響により、サーフボードはより幅が狭く、より薄く反応の良い板になっていきました。
その弊害で初心者がテイクオフしにくい浮力のないボードがポピュラーになり、このようなサーフボードでサーフィンを始めるのは暗黒の時代だったと思います。
その反面、1991年にOn Safari to StayというVTRがリリースされ、ジョエル・チューダー(15)、ウイングナットによる、モダンでクラシカルなロングボードの復活がありました。
(1980年代後半にウェーブウォリアーズでハービーフレッチャーなどがモダンロングボードを披露したがマニアック層にしかウケなかった)
日本でも1995年にロングボード専門誌「NALU」が創刊。
石巻にも早くからロングボードをやっている先輩がいて、その先輩から1993年頃に「On Safari to Stay」のVTRを観せられロングボードに興味をもち、翌年の1994年にウインド・サーフィンをやっている同級生が使っていないロングボードを持っていて、そのボードをちょくちょく借りて乗っていました。
(ちなみに初めてロングボードに乗ったのは1982年千葉で東京の先輩が所有する日本製60’sマリブのクラッシク・シングルフィンでした)
2000年代前半からトム・カレン、ジョエル・チューダーの影響でトランジション・ボードも見直され、現在に至るまでいろいろなサーフボードを選択できる時代になりました。

1990年以降、石巻のサーフショップはジェフリーズ、ドープサーフ、カールスバッド、フリーサイドサーフ、シークレットがあり、2011年3月東日本大震災にて全店舗が被災し、ドープサーフを除く4店舗が被災した店舗を再建し今も営業しております。

ウエットスーツは1990年代前半によく伸びるフリスト・ジャージが発売。セミドライは簡易防水ジッパーのコイルファスナーが主流でしたがとても硬く運動性が悪かったので、柔らかいノーマルファスナーを使って防水性を保てないかと考え出された技術が現在でもポピュラーなバリアです。実はこの技術は石巻のウエット工場から開発された技術でしたが、その後USAオニールに特許を取られましたw。1990年代中盤にSCS裏スキンが発売され、2000年代前半までよく使われた素材だったと記憶しております。また1990年代中盤に首から着るノンジップ・スーツが発売され、ネックの部分にその当時よく伸びたフリスト・ジャージが使われましたが、まだ生地の伸びが足りず着脱が困難だったため主流にはなりませんでした。(私はこの首から着るノンジップの改良版、外付けネックカバーを装着するカバータイプのノンジップを1995年に開発しましたが会社の企画会議でボツになりましたw。今考えると特許を取っておけばよかったな?と思いますw。)
2000年代になるとジョエル・チューダーの影響でクラシカルな真っ黒のスキンスーツが流行り出し、今でもスキンスーツの文化が残っております。2004年以降、カバータイプのノンジップが出始め、今ではカバータイプのノンジップが主流になりました。近年、生地の伸縮性が向上し首から着るノンジップ・スーツ・ネックエントリーも再構築され、ラインナップの1つでもあります。
現在はプリントジャージ、左右非対称カラー、伸縮性が悪くなる直線的カッティング、昔流行ったフロントジップなどなど・・・。生地の性能は進化しておりますが、機能的な所は円熟期を迎え、見た目のデザインの競い合いで何でもありの時代ですw。

1990年、地元石巻に帰り、実家脇にあった空き家をリフォーム。とりあえず結婚したものの無職だったので仕事を探しました。昔から一緒にサーフィンをしていた先輩から呑みに誘われ仕事の事を相談すると「俺らがやってる仕事を紹介する?」と言われ、内容を聞いてみるとウエットスーツ工場の仕事でした。地元に帰ってきてサーフィンをやりたかったので「サーフィンするのにウエットスーツは必要だな!」と安易な気持ちで面接へ。即採用され次の日から仕事をしました。出勤初日、定時は17時だったのですが初日から3時間残業・・・。3ヶ月後には5時間残業の毎日。半年後には7時間残業になっていき、自分の人生の中でかなり長い時間を費やしました。石巻のウエットスーツ工場は日本一大きな工場でいろいろな製品を作っており、自分だけで数千着、関わったプロダクトでは数万着以上のウエットスーツを作りました。最初は現場の下積みから始まり、ウエットスーツ作製に関わる工程すべて、企画開発、コンセプト、マーケティング、デザイン、生地や製品のテスト、原価計算、海外や外注への仕様書作製、海外工場視察・指導、海外でのカタログ撮影などなど、おかげさまで普通のウエットスーツ工場では経験できない事をいろいろと経験させて頂いたので今があると思っています。
退職後、スケートボードのアパレル会社に就職し、横乗り業界からは離れませんでした。
その頃に知り合いのウエットスーツ・メーカーのテストライダーもやっていましたが、テストライダーといっても本当に機能や性能をテストして明確に問題点と改善点を出して製品をより良い物にしていくと言う地味なライダーですw。知り合いのウエットスーツ・メーカーがオリジナルをやめる事になり、自分でお金を出してまで欲しいウエットスーツが市場に無かったので2005年12月、e5starウエットスーツを立ち上げました。アンチな性格なのでどうせ作るなら他社がやっていないウエットを作ろう!と思い、「エントリーモデルのような安い素材は使わず最高級の素材のみ使用」「時間がかかろうと作製方法をこだわる」「中間マージンを省き自分もいちユーザーとしてこの価値に払える金額」「売れ筋のファッショナブルなデザイン重視のカッティングをせず、機能重視の大型パーツカッティングで立体裁断」「サーフィン専用で不変的な1デザイン」など、他社がやっている事の反対の事をやっていたので理解していただくまで時間がかかりました。昨年2016年の12月で11年が経ちましたがコンセプトは変わらずブレないモノ作りをしております。

6年前の2011年3月、東日本大震災にて工場と自宅が被災し何も無くなった時に「このままウエットスーツ作りを辞めようかな?」っと思った時がありましたが、それまで買っていただいたお客様のご支援や励ましのお言葉を頂き何とかここまでやってこれました。

何故、ここまで長々と自分のプロフを書いたかと言うと、「e5starウエットスーツを作っている人はどんな人?」を知ってもらうためです。
どの時代にどんな(サブ)カルチャーを経験してきて、今あるウエットスーツはどんな考えで作っているか、自分のバックボーンを知って頂くのが必要だと思いました。
私はカリスマ性がある人間ではありません。この文章を読んでわかると思いますが文章力もありません。上手いこと言って販売する営業力もありません。
世界一、日本一のウエットスーツ・メーカーになる野望もありません。最先端のウエットスーツやファッショナブルなウエットスーツを販売するつもりもありません。

ただ、普通の人より少しだけ前にサーフィンと関わり、リアルタイムで進化していくサーフ・カルチャーを経験し、普通のウエット屋では経験出来ない知識と技術を持っているだけです。
e5starウエットスーツは「1分、1秒でも長く、快適に海に入っていられるウエットスーツ」を目指して創っており、使って良かったと言ってもらえるようなウエットスーツを作り続けたいと思っております。